クリスチャンであっても携挙は認められない。

5chより、冨井 健牧師のニュースレターより抜粋だそうです。


3.

サタンは、誰も誘惑しないのに「自らすすんで」堕落した。
しかし、人間はサタンに誘惑されて堕落した。
だから、神は、人間に救いの道を用意された。
もし人間が、サタンのように誘惑されることなく罪に落ちたのなら、救いはなかったであろう。
神はイエス・キリストにわれわれの罪の責任を負わせることによって、無罪化しようとされた。

———-

「イエス・キリストを信じる人は誰でも値なしに救われる。」

「イエス・キリストを信じるか、信じないかの決定は人間に委ねられている。」


この様な携挙に通じる作文はあってはならないですね。
たとえ高名な牧師であっても。

戻る

無神論者へ

カルトや盲信者の多い現代に於いて、貴方達無神論者の選択は正しい。

宗教と民衆を隔てるのもカルトの役割の1つです。

国家神道での神道破壊、廃仏毀釈に由る仏教の破壊。
日本には伝統と呼べる宗教が有りません。

皮肉なことに伝統を重んじるならば、カトリックに頼る他有りません。
カルトが多い現代、宗教と関わり合いを持つことをお勧め出来ません。

start page